また帰りたくなる、いろり料理のふるさと 民宿 福冨士

  • 栃木県日光市野門225 家康の里
  • WEB予約はこちら
新着情報
  • 2016.07.08
  • 観光情報

外国人向け観光サイト「ジャパントラベル」さんに福冨士が掲載されました

jt_12

こんにちは。みっちゃんです。

外国人向け観光サイト「ジャパントラベル」さんが取材にきてくれました。

jt_22

ライターのブリタニーさんとカメラマンのファラーさんです。

jt_27

ページはこちらです(英語)です。

jt_01

<追記>原稿を翻訳してもらいました

とても詳しく書かれていてうれしいです!

Introduction(紹介)

While technically within the bounds of the Nikko city area, this location is well removed from the tourists crowded around the Toshogu Shrine, or flocking to see the Kegon Falls on Chuzenji Lake. Tucked away in Nikko’s Kuriyama region, is a small Minshuku (or Japanese Bed and Breakfast) village surrounded by mountains, rivers and small farms. This is a town where everyone knows your name and greets you with a smile and a wave. One particular Minshuku, Fukufuji, stands out from the rest for its food, affordability, and most notably its staff.

厳密には日光市内ではあるが、この地域は東照宮の人の群れや中善寺湖の華厳の滝の混雑具合とはかけ離れている。ひっそりと隠れた日光の栗山にある民宿(1泊朝食付きの宿)村は山と川と小さな農場に囲まれています。この村に住む人はみんなお互いに名前を知っていて、訪れた人にも笑いかけ挨拶します。その中にある1つの民宿、福冨士は、おいしい料理、お手ごろな宿泊価格、そしてもっとも際立つのがそこで働く人が魅力的な宿です。

The Staff(従業員)

At Fukufuji you get the feeling that you are staying at a family member’s home. When you first arrive at Fukufuji you will be greeted by the face of the bed and breakfast—Mi-chan. You will likely catch her as she is running around to take care of the other guests, but she will be back in moments to assist you. She runs this establishment with her husband and mother in law who take a more behind-the-scenes role. Mi-chan is a wonderful woman whose huge smile is infectious. Her warm motherly nature and boisterous spirit keep all the guests entertained. Many of her guests are repeat customers and it’s easy to see why. Mi-chan can speak some English, but knowing a little basic Japanese would serve you well.

福冨士にいるとあなたはまるで家族の一員にでもなったかのように感じるでしょう。福冨士に着いた時、まず最初に民宿の入口でみっちゃんが挨拶して出迎えてくれます。              

おそらくあなたはみっちゃんが他のお客様にもサービスするため動き回っている様子に気づくでしょう。でも彼女はあなたのためにサービスが必要な瞬間に必ず戻ってきます。みっちゃんがお客様にサービスできるのはみっちゃんの夫と姑が裏方をしっかりやってくれているからです。

みっちゃんはとても素敵な女性です。彼女のとびきりの笑顔は周りにも伝染します。彼女の温かみのある母性とにぎやかな性格はお客様全員を楽しませます。福冨士のお客様の多くがリピーターなのもうなずけます。みっちゃんは少し英語を話すことができますが、宿泊するときは簡単な日本語を覚えていったほうがいいと思います。

The Rooms(部屋)

After taking off your shoes at the building’s entrance Mi-chan will escort you to your room, one of 6 available on the property. The rooms are given names from nature including Ume (plum blossom), Take (Bamboo) and Matsu (Pine). The traditional Japanese style tatami rooms hold about 2-4 people per room and each room is equipped with a TV, a mini fridge, drinking glasses, and a dresser which contains a bath towel, a face towel, a toothbrush set, and a yukata for each guest. After dropping your bags, she will chat with you as she prepares tea and a small snack in your room. If you would like to take a soak before dinner, let her know and she will notify you once the baths become available, or you can discuss a time to reserve the baths later.

福冨士の入口で靴を脱いだ後、みっちゃんが6部屋あるうちの、あなたが泊まる部屋まで案内してくれます。部屋には自然に関する名前が与えられていて、それぞれ、「梅」、「竹」、「松」と呼ばれています。

日本の伝統的な形式のタタミ部屋で、2~4人泊まることができます。それぞれの部屋にテレビと小さな冷蔵庫とコップがあるのと、バスタオルとフェイスタオル、歯ブラシと浴衣がはいったタンスがあります。

荷物を置いた後、みっちゃんがお茶と茶菓子を用意しながらあなたと話してくれるでしょう。もし夕食の前にお風呂に入りたい場合は、みっちゃんに知らせて下さい。そうすればお風呂に入れるかどうか教えてくれます。入れない場合、いつごろ入れるか相談してみて下さい。

Food & Drink(食事と飲み物)

Guests have the pleasure of eating a large meal served by Mi-chan who makes all the dishes—including the miso paste, by hand. One group of gentlemen who came here for a fishing trip brought the fish they caught to Mi-chan who cleaned them, put them on a spike, and set them up to grill in the sunken irori fire pit. For the more adventurous eaters, you should try this shop’s specialty—the grilled salamander! Vegetarians– if you notify Mi-chan of your preferences at the time of your booking, she will prepare your dinner accordingly. When asked what her favorite thing about running this Minshuku was, Mi-chan replied that the best part was seeing her customer’s smiling faces after eating her food. She shuffles from table to table pouring drinks, pausing to laugh and chat with the young couples, groups of retired gentlemen, and families who have all come to see her and eat her delicious food.

お客様は全てみっちゃんの手作りによるたくさんの料理(味噌が入った食事とか)を食べれることを喜んでいました。宿泊しにきていたある男性グループは魚釣りが目的で来ていました。彼らが釣った魚をみっちゃんは洗い、串に刺してイロリにセットしていました。

さらに珍しいものを食べたいなら、この民宿特製の焼きサンショウウオに挑戦するべきです。

ベジタリアンの方へ-予約する時にみっちゃんにあなたの好みを伝えれば、対応してくれます。

みっちゃんにこの民宿を経営していて何が楽しいかと聞いた時、お客様が夕食を食べ終わった後の笑顔を見る瞬間が一番だと答えてくれました。みっちゃんに会いにきて、食事を楽しんでいる若いカップルや年配の方、家族たちにみテーブルを周りながらお酒を注いだり、一緒に笑ったり、話している姿が印象的でした。。

After dinner, the bar opens up where Mi-chan serves up a selection of spirits and her seemingly endless energy. This room has a lot of character. The neon orange chairs and the 1980s video game cabinets which have been re-purposed as dining tables give the space a retro feel, while the Polaroid-covered walls allow you to look at the smiling faces of happy past customers. In the morning you can stop here after breakfast and Mi-chan will serve you a cup of coffee before you depart for the day.

夕食後、みっちゃんセレクションの酒を出すバーがオープンします。彼女の底なしの元気さが伺えます。 この部屋はたくさんの特徴があります。照明の雰囲気や、オレンジのイス、1980年代のゲーム機をテーブルに再利用したりと、レトロな空気を感じさせる空間で、壁は過去に来たお客さんが笑っている写真で埋め尽くされています。翌朝には、朝食後、出発する前にみっちゃんがコーヒーを淹れてくれます。

The Bath(入浴)

For those looking to enjoy a traditional Japanese bath, but are too shy to share a public bathing space, the two baths at Fukufuji are perfect for you. In addition to a sign posted outside letting other guests know if the bath is occupied, they can also be locked from the inside. One bath consists of a small room for one person to shower and soak, and another small room with two sinks in which to change out of your clothes. The larger bath is located in a different building downstairs. Exit the door to the bath and change your indoor slippers to outdoor ones. Walk down the covered stairwell where you will be greeted by a small but lovely Japanese garden at the bottom. Pass through the garden to the entrance to the bathing room. Inside is a changing room that has several amenities including spare razors and non-electric massage chair. Inside the shower room there are 3 shower stations and a bath big enough to hold 3-4 people.

日本の伝統的なお風呂を楽しみたい、でも共用の浴場を使うのは恥ずかしい、そんなあなたには福冨士にある2つのお風呂はもってこいです。お風呂を使う時は外側に「使用中」の看板を貼ることもできるし、内側から鍵をかけることもできます。                                                          

1つのお風呂は一人用で、シャワーと風呂場で構成されていて、隣の部屋に2つの流しがついている脱衣場があります。

もう1つの大きなお風呂は別の建物の階段を降りたところにあります。浴場へのドアを開けて内履きから外履きにスリッパを履き替えます。吹き抜けの階段を降りた先に小さいながらもかわいらしい日本式の庭園が見えてきます。庭園を通り抜けた先が浴場の入口です。中は脱衣所になっていて替えのカミソリや手動のマッサージチェアなどのアメニティが用意されています。浴場には3つシャワーがついていて、風呂場は3、4人入るには十分な大きさです。

The Price(価格)

The standard plan for ¥8,400 per person per night this room includes a hearty dinner, breakfast, and use of the ofuro baths. If you would like to include a nomihodai plan (all-you-can-drink), you may do so for an additional ¥2,100. If you book on a weekday and would like to save a few yen, you may select the ¥6,980 plan which includes less dishes than the standard dinner plan. Those traveling with elementary school aged children and younger will receive a discount on their child’s room rate.

スタンダードプランは心のこもった夕食と朝食、入浴を含めて1人8,400円で宿泊できます。飲み放題プランを付けたい場合は、追加で2,100かかります。平日の予約限定で節約したい方は、スタンダードプランより少し料理が少ない6,980円のプランも選ぶことができます。小学生以下のお子様を連れて宿泊する場合は、子供料金がかかります。

How to Get There(福冨士への行き方)

The best way to get here is by taking your own vehicle. If coming via public transportation take the Tobu Nikko Line to Kinugawa Onsen Station (鬼怒川温泉駅). From there take the bus in the direction of Meotobuchi (女夫渕) and get off  at Ieyasu no Sato Minshuku Mura Iriguchi (家康の里民宿村入口). Next to the bus station are large wooden signs and a large black tori gate with the the golden seal of the Tokugawa family displayed in the center. The bus fare costs ¥1120 and takes about an hour. There are only 4 buses a day with two in the morning and two in the afternoon. The bus timetable is available under the “Access” (アクセス) section of the website.

もっともよい方法は自分の車で行くことです。公共交通機関を利用する場合は東武日光線鬼怒川温泉駅行きに乗って下さい。鬼怒川温泉駅からは女夫渕行きのバスにのり、家康の里民宿村入口で降りて下さい。                                                        

バス停の隣には大きな木造の看板と金色の徳川の家紋が真ん中にある黒い鳥居があります。バス料金は1,120円で、1時間ほどかかります。バスは1日に4本しか通っていません。午前中に2本と午後に2本です。バスの時刻表はホームページの“アクセス”タグの下から確認することができます。

取材の様子はこちらが詳しいです

<参考記事>ジャパントラベルの取材について

よくあるご質問

Q. 福冨士に行けば、みっちゃんに必ず会えますか?

A. だいたい会えますよ。

民宿 福冨士の女将みっちゃん